なぜ筋肉増強剤は効果的なのか?

なぜ筋肉増強剤は効果的なのか?

筋肉増強剤は「アナボリックステロイド」という化学物質が主成分です。
これは、タンパク質を筋肉に変化させる効果があります。
人体で生成するホルモン(男性ホルモン)にもそういう効果がありますが、さらに外部から摂取すると通常では考えられないぐらいの筋肉増強が見込めます。
いわば、男性ホルモンを過剰摂取するようなイメージです。ヤバイですね。

 

60年代には使用されていましたが、あまりに効果が高いため、70年代にはオリンピックで使用が禁止されました。
それ以降、スポーツの世界で筋肉増強剤を使用すると非常に厳しいペナルティが課されることになっています。

 

しかし、スポーツとは無縁の人なら、使用してもペナルティはありません。違法な薬物ではないからです。
日本では認可されていませんが、海外から購入して個人で摂取するのは合法です(ただし、それを日本国内で販売するのは違法です)。
なお、アメリカでは100万人以上の人が使用しているという報告もあります。
ただし、アナボリックステロイドには多くの副作用が知られています。使用するにはリスクを踏まえた上で、自己責任で行いましょう。

 

なお、スポーツ用品店やドラッグストアで販売されているプロテインと筋肉増強剤はまったく異なります。
プロテインは単なるタンパク質です。
筋トレやスポーツの後に、タンパク質を摂取すると、超回復の時に筋肉が増加しやすくなります。なので、プロテインは飲むだけでなく筋トレも必要です。
しかし、筋肉増強剤は筋トレしなくても筋肉が付きます(個人差あり)。もちろん、筋トレも平行して行えば効果倍増です。